TRUST Anchor Bolt Quality Control

TRUST Anchor Bolt Quality Control

アンカーボルトの品質管理、引張試験機ならABQC

TRシリーズ

よくあるご質問

FAQ

TRシリーズ

TRシリーズ MENU

(共通)代理店を教えてください。
ABQCサイトの代理店ページに掲載しております。こちらをご参照下さい。
(共通)油圧試験機は校正されていますか?
弊社製品は、有効期限を1年として、校正を行っています。
校正証明書は、ご購入の場合:原本、レンタルの場合:原本のコピー(無償)をお付けしております。
外ネジでも測定できますか?
「おねじ」でも「めねじ」でも使用できます 「めねじ」の場合は接続ボルトをつけて使用します。
壁面でも使えますか?
下、横、上ともに可能です。試験方向は選びません。試験体に垂直に設置が出来れば試験可能です。
壁から15mmしか空いていない場所で、TRシリーズで測定できますか?
TRシリーズは締付け式引張試験機になります。 
そのため本体以外に附属の片口めがねレンチが入るスペースが必要となり、TR-30/75ではゴムカバーを含めた寸法が必要になります。(レンタルカタログ P.7 寸法図をご参照ください)(ABQCサイトの寸法は、保護ゴムなしの本体寸法)
TRシリーズに反力台はありますか?
脚の長さが40mmの反力台があります。
TRシリーズで異形鉄筋を引張試験することは、可能ですか?
TRシリーズは締付け式引張試験機になりますので、異形棒鋼に十分な長さのねじ加工が附されていれば可能ですが、ねじ加工がない場合別途油圧ジャッキ型の引張試験機が必要です。
TRの使い方を教えてください。
使用手順及び設定方法の動画を掲載しております。こちらをご参照ください。
TRシリーズで測定したら、短期荷重しかいかないですか?
あと施工アンカーの施工確認試験荷重は、アンカーが適正に施工されていることを確認する試験です。適正に施工されたアンカーは、設計式にて算定される短期許容荷重を余裕を持って満足します。
しかしながら施工確認試験荷重が短期許容荷重と同じ値であることが多いため、短期許容荷重を満足することが目的と誤解しないよう、常に最大の性能が発揮される施工を行うことが重要です。   
TR-75は、どのぐらいの隙間があれば測定できますか?
本体寸法はカタログに表記されていますので、そちらを参考にご検討ください。試験は附属の片口めがねレンチで締付けますので、本体寸法にレンチ分を加味する必要があります。
鋼材が取り外せないので、付けたまま測定可能か?
アンカーボルトの出代にもよりますが、十分に長い場合は、①鋼材を留付けているナットを緩めて浮かせ、②TR試験機を反力台に乗せて試験をすることが可能です。

pagetop

  • あと施工アンカーの株式会社トラスト

    あと施工アンカーの株式会社トラスト
  • ボルトの突出量を補う、緩み止めナット

    ボルトの突出量を補う、緩み止めナット
  • アンカー引抜試験機の販売・レンタル・校正

    アンカー引抜試験機の販売・レンタル・校正
  • 鉄筋探査機器のレンタル

    鉄筋探査機器のレンタル
  • ケミカルアンカー、あと施工アンカーの強度計算等無料ツール | アンカーツール

    あと施工アンカーの強度計算等無料ツール
  • トラストの点検・検査サービス

    トラストの点検・検査サービス
  • 非破壊検査の検査依頼・レンタル・販売ならTRUST レンタル

    非破壊検査の検査依頼・レンタル・販売