TRUST Anchor Bolt Quality Control

TRUST Anchor Bolt Quality Control

アンカーボルトの品質管理、引張試験機ならABQC

アンカープロチェッカー(APC)

測定手順

Measurement procedure

アンカープロチェッカー(APC)

アンカープロチェッカー MENU

アンカープロチェッカー下向き 測定手順

  • 1 アンカーボルトのナット(機器などを留めつけているナット)を外し、代わりにAPC専用のカプラをねじ込みます。
    1
    アンカーボルトのナット(機器などを留めつけているナット)を外し、代わりにAPC専用のカプラをねじ込みます。
  • 2 APC本体の先端冶具がナット専用に交換されていることを確認します。
    2
    APC本体の先端冶具がナット専用に交換されていることを確認します。
  • 3 APC本体の「ON/OFF」ボタンを長押しして本体を起動させ、取扱説明書に従って、検査荷重などを設定します。
    3
    APC本体の「ON/OFF」ボタンを長押しして本体を起動させ、取扱説明書に従って、検査荷重などを設定します。
  • 4 先端冶具の溝(赤い線)がアンカーボルトの中心に合うまで、カプラ円筒部に挿し入れます。
    4
    先端冶具の溝(赤い線)がアンカーボルトの中心に合うまで、カプラ円筒部に挿し入れます。
  • 5 支持台が躯体に接した状態で、APC本体が躯体に対しほぼ直角になるように、専用カプラのねじ込みを調整ください。
    5
    支持台が躯体に接した状態で、APC本体が躯体に対しほぼ直角になるように、専用カプラのねじ込みを調整ください。
  • 6 グリップ部の切り込み位置が、およそ掌の中心となるように握り、釘抜きの要領で載荷します。
    6
    グリップ部の切り込み位置が、およそ掌の中心となるように握り、釘抜きの要領で載荷します。
  • 7 設定した検査荷重に到達するまで、載荷荷重の増加に合わせて音と同時に白いLEDが1個づつ点灯します。
    7
    設定した検査荷重に到達するまで、載荷荷重の増加に合わせて音と同時に白いLEDが1個づつ点灯します。
  • 8 検査荷重に到達すると、ブザー音と同時にLEDが青く点灯します。併せて、グリップに振動が伝えられますので、音、色、振動の3つでお知らせします。
    8
    検査荷重に到達すると、ブザー音と同時にLEDが青く点灯します。併せて、グリップに振動が伝えられますので、音、色、振動の3つでお知らせします。
  • 9 検査上限荷重(過荷重)に達すると、ブザー音が警告音に変わり、LEDは赤く点灯します。
    9
    検査上限荷重(過荷重)に達すると、ブザー音が警告音に変わり、LEDは赤く点灯します。
  • 10 反動をつけず静かに元の位置まで検査機を戻し、APC本体を外します。
    10
    反動をつけず静かに元の位置まで検査機を戻し、APC本体を外します。

アンカープロチェッカー上向き 測定手順

  • 1 APC本体の先端冶具が吊りボルト専用検査冶具に交換されていることを確認します。
    1
    APC本体の先端冶具が吊りボルト専用検査冶具に交換されていることを確認します。
  • 2 APC本体の「ON/OFF」ボタンを長押しして本体を起動させ、取扱説明書に従って、検査荷重などを設定します。
    2
    APC本体の「ON/OFF」ボタンを長押しして本体を起動させ、取扱説明書に従って、検査荷重などを設定します。
  • 3 吊りボルトの横から先端冶具を差込みます。 このとき、吊りボルトが先端冶具切込み部の奥まで確実に嵌っていることをご確認ください。
    3
    吊りボルトの横から先端冶具を差込みます。 このとき、吊りボルトが先端冶具切込み部の奥まで確実に嵌っていることをご確認ください。
  • 4 グリップ部の切り込み位置が、およそ掌の中心となるように握り、釘抜きの要領で載荷します。載荷作業は静かに、はずみをつけないで行います。
    4
    グリップ部の切り込み位置が、およそ掌の中心となるように握り、釘抜きの要領で載荷します。載荷作業は静かに、はずみをつけないで行います。
  • 5 設定した検査荷重に到達するまで、載荷荷重の増加に合わせて音と同時に白いLEDが1個づつ点灯します。
    5
    設定した検査荷重に到達するまで、載荷荷重の増加に合わせて音と同時に白いLEDが1個づつ点灯します。
  • 6 検査荷重に到達すると、ブザー音と同時にLEDが青く点灯します。併せて、グリップに振動が伝えられますので、音、色、振動の3つでお知らせします。
    6
    検査荷重に到達すると、ブザー音と同時にLEDが青く点灯します。併せて、グリップに振動が伝えられますので、音、色、振動の3つでお知らせします。
  • 7 検査上限荷重(過荷重)に達すると、ブザー音が警告音に変わり、LEDは赤く点灯します。
    7
    検査上限荷重(過荷重)に達すると、ブザー音が警告音に変わり、LEDは赤く点灯します。
  • 8 反動をつけず静かに元の位置まで検査機を戻し、APC本体を外します。
    8
    反動をつけず静かに元の位置まで検査機を戻し、APC本体を外します。

pagetop

  • あと施工アンカーの株式会社トラスト

    あと施工アンカーの株式会社トラスト
  • ボルトの突出量を補う、緩み止めナット

    ボルトの突出量を補う、緩み止めナット
  • アンカー引抜試験機の販売・レンタル・校正

    アンカー引抜試験機の販売・レンタル・校正
  • 鉄筋探査機器のレンタル

    鉄筋探査機器のレンタル
  • ケミカルアンカー、あと施工アンカーの強度計算等無料ツール | アンカーツール

    あと施工アンカーの強度計算等無料ツール
  • トラストの点検・検査サービス

    トラストの点検・検査サービス
  • 非破壊検査の検査依頼・レンタル・販売ならTRUST レンタル

    非破壊検査の検査依頼・レンタル・販売